デイリー、ビジネス、アウトドア。<br> スタイリスト百々千晴に学ぶシーン別スタイリング術。
デイリー、ビジネス、アウトドア。<br> スタイリスト百々千晴に学ぶシーン別スタイリング術。
PICK UP STYLING

デイリー、ビジネス、アウトドア。
スタイリスト百々千晴に学ぶシーン別スタイリング術。

カジュアルなイメージがある<アウトドアプロダクツ>のバッグ。しかし、カラーバリエーションの豊富さやデザインの多様さから、アウトドアや旅行はもちろんのこと、ビジネスなど幅広いシーンで活躍する優れもの。ご自身の日常着にもデイパックを合わせることが多いというスタイリスト百々千晴さんに、「デイリー」「ビジネス」「アウトドア」のシーン別スタイリング術を教えてもらいました。
  • 百々千晴
    スタイリスト百々千晴Chiharu Dodo

    2002年に渡英し、2004年に帰国。その後、東京をベースにスタイリスト、ブランドディレクターとして幅広く活躍中。Instagram(@dodo_chiharu

フェミニンなデイリースタイルは
ビタミンカラーのデイパックで差し色を効かせて。

ボリューム感たっぷりのハイネックニットとプリーツスカートを合わせた上品なスタイル。ショッピングやランチ、女子会など、デイリーなシーンにぴったり。サイドゴアブーツとハットはブラックを選んで、全体を程よく締めるのもポイント。合わせるバッグは、定番452Uのエメラルドをセレクト。一点差し色を投入するだけで一気に華やかさもプラスされ、ビタミンカラーのデイパックが目を惹くコーディネートに。

 

きちんと感のあるビジネススタイルは
深みカラーのデイパックで程よく外して。

ジャケット×タックパンツの組み合わせは、ビジネスシーンやちょっとした学校行事にも◎。きちんと感を保ちつつ、ユニークなシルエットのジャケットやピンクのニット、大ぶりのパールネックレスなど、随所に遊び心を散りばめて。かっちりとまとめすぎない、バランスの取れた外し方が都会的。合わせるバッグは、4052のパープル。一見するとカジュアルなデイパックも、深みのあるきれいめカラーをセレクトすることで、グッと上品な印象に。

 

動きやすさ重視のアウトドアスタイルは
色と素材遊びを楽しんで。

アウトドアシーンにぴったりな「色」と「素材」を楽しむコーディネート。ビビッドなオレンジのアウターを主役に、ブラウンやベージュなど同系の落ち着いた色味でまとめて。ボトムスはあえて異素材のベロアをチョイス。ヌーディーなカラーリングと、なめらかな素材で女性らしさもアップ。バッグは、アウターの色味とトーンを合わせたグリーンで。キャンプや小旅行にもぴったりな絶妙サイズの231が大活躍の予感。デニム合わせで、デイリーに着こなすのもおすすめ。

 

機能性とデザインの秀逸さを兼ね備えた<アウトドアプロダクツ>のバッグをプラスして、いつものコーディネートをお手軽にアップデートしてみては。

  • Styling:Chiharu Dodo
    Photo:Warach Pattayanan
    Edit:RIDE MEDIA&DESIGN inc.

THE STANDARD
BACKPACK

452U
THE STANDARD BACKPACK
PACK FOR LIFE

PACK FOR LIFE