いつだってピースでフリーなマインドでいたい。<br> スケーター・DAISAKUの飾らないストリートスタイル。
いつだってピースでフリーなマインドでいたい。<br> スケーター・DAISAKUの飾らないストリートスタイル。
OUTFIT OF THE DAY

いつだってピースでフリーなマインドでいたい。
スケーター・DAISAKUの飾らないストリートスタイル。

何気なく身に纏う日常着。そこにはその人のライフスタイルやカルチャー、信念など様々なバックグラウンドが映し出されています。湘南で生まれ、幼い頃からストリートカルチャーに触れて育ったスケーター・DAISAKUさん。モデルとしても活躍する彼のリアルな日常着や普段の生活、日々の服選びについて話を聞きました。
  • 日高大作レイ
    Skateboarder・Model日高大作レイDaisaku Ray Hidaka

    湘南生まれのスケートボーダー兼モデル。現在18歳の高校生でありながら、ファッション誌のカバーを始め、国内有名ブランドの広告、海外ハイブランドのショーなど、幅広く活躍中。Instagram(@deeskkrrrr

 

湘南のストリートが育んだ、自然体なキャラクターとフリーなマインド。

湘南・鵠沼をローカルとするスケーターであり、モデルとしても活躍するDAISAKUさん。ファッション誌のカバーに起用されたことをきっかけに、弱冠18歳にして国内外の有名ブランドからのオファーも絶えない。ネクストカミングなティーンとして注目される彼の魅力のひとつは、その“自然体”なキャラクターにある。誰にでも分け隔てなく接するそのピースでフリーなマインドや、飾らない笑顔に魅了される人も多い。今回は、そんな彼がいつも仲間と滑って遊んでいるという、鵠沼公園の「なぎさスケートパーク」で彼の日常を垣間見た。

 

 

ルールやトレンドにとらわれず、そのときのフィーリングで着る。

スケボーをライフスタイルとする彼の日常着は、基本的にTシャツ×ジーンズ。ラフで気取らないファッションが多く「トレンドとかブランドとか、そういうルールとかこだわりに縛られないで、その日の気分で適当に選びたい」と話す。服を買う店も特に決めていない。近所のスケートショップや気になったスケートブランドから友達が作るアパレルブランドまで、自由な感性でそのときに「いい」と思うものを選びとる。服選びのスタイルも、なんとも彼らしい。

 

 

ベージュのキマり過ぎないところが“自分っぽい”。

<アウトドアプロダクツ>の数あるデイパックの中から、ベージュカラーの452Uを選んだDAISAKUさん。定番プロダクトを選ぶあたりも「トレンドに左右されない」という彼の信念が伺える。「ずっと変わらないデザイン」というのも気に入ったポイントのひとつ。

「カラーはブラックだとカッチリきまり過ぎてしまう気がするし、派手なカラーは僕の持っている服的に合わせるものを選んでしまう。何も考えずにガサッと背負えるベージュ。キマり過ぎないこの色が一番自分っぽいですね」。

 

スケボーで転んだり汚したりしてしまうことから、丈夫な素材であることはスケーターのモノ選びの必須条件。「たくさん入るのもいいですね!」と嬉しそうに私物を入れ「学校に行くときのバッグにも使えるから嬉しい」と話してくれた。

 

 

スケボーは自己表現であり、インスピレーションの源。

近所にスケートショップがあったり、インターネットで海外のスケーターを目にしたりと、幼い頃からDAISAKUさんの周りではスケートカルチャーが身近なものだったという。中でもスケボーを始めた一番のきっかけは幼馴染の影響。そばにいる彼がスケボーをしていたことをきっかけに、小学6年生の頃から本格的に滑り始めた。仲間とつるんで遊ぶのはもちろん、今やスケボーは彼の大事な自己表現の手段であり、インスピレーションの源でもある。

 

 

 

スケーターとして、モデルとして、アーティストとして。

実はアーティストとしての側面も持つDAISAKUさん。「アナログコラージュ」のアートワークを販売し、その売り上げをドネーションする、という社会活動も行っている。今後は「アートのクリエイションやスケボーを続けながら、海外での活動にも挑戦していきたい」と少し照れながら語ってくれた。スケーター、モデルにアーティスト。様々な顔をもつエネルギッシュなクリエイティブユースの今後から目が離せない。

  • 452UOUTDOOR PRODUCTS ¥4,800
    <アウトドアプロダクツ>の定番デイパック。通常のナイロンよりもはるかに強靭な米国インビスタ社の素材「コーデュラ®ナイロン」を使用。2枚の生地パーツで構成されたシンプルな作りながらも、軽量かつ耐摩耗性、耐久性、耐水性に優れています。ジッパーにはYKKを採用。
  • Photo:Takaki Iwata
    Direction:RIDE MEDIA&DESIGN

THE STANDARD
BACKPACK

452U
THE STANDARD BACKPACK
PACK FOR LIFE

PACK FOR LIFE